【超初心者でも丸わかり】WordPressのカスタム投稿タイプを初心者のために解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

よくWordPressを使っているサイトを見ると投稿機能を使って色々なことをやりたくなる事があると思います。その時にものすごく便利なのが「カスタム投稿タイプ」になります!こちら使えば凝った投稿できる事間違い無し!!

カスタム投稿タイプとは?

「カスタム投稿タイプ」は名前の通り、自分の作りたい投稿機能をカスタムして作成するものになります。通常のブログのような記事とは違い、形や目的が変わる記事を書きたい時にはとても便利なもののなります。

カスタム投稿タイプの実装の方法

WordPressの実装方法としては2つあります。

  • テーマのfunction.phpを編集する
  • プラグインを使用する

この二つになります。
始めのfunctions.phpを編集することはhtmlコーディングとphpの知識が必要になるため今回のでは難しいためやめます。ここではプラグインで実装する方法をご紹介い致します。

プラグインでカスタム投稿タイプを作成する場合

function.phpを触らずに初心者でも簡単にカスタム投稿タイプを作れるプラグインがあります。「Custom Post Type UI」を紹介します。

プラグインをインストールしよう

「Custom Post Type UI」は管理画面にあるプラグインの場所かダウンロードできますし。プラグインの公式サイトからもダウンロードできます。ダウンロードした後は、有効化するようにしましょう。

カスタム投稿タイプを編集しよう

「投稿タイプを追加/編集」と「タクソノミーを追加/編集」とありますので「投稿タイプを追加/編集」をクリック。

※カスタムタクソノミーとは?
標準で用意されているタクソノミー(分類)「カテゴリー」「タグ」とは別に、ユーザーが独自でタクソノミーを追加することが出来ます。ユーザーが追加したタクソノミーを「カスタムタクソノミー」と呼びます。要するに「カテゴリ」や「タグ」と同じようなものを自分で追加することができるという事です。

カスタム投稿タイプの基本設定

基本設定について説明します
WordPress基本設定画面

投稿タイプ名 カスタム投稿するものの名前になります。WordPressのシステムで既に使用されている投稿タイプ名「post, page, attachment, revision, nav_menu_item」などとは被らない名前を付けましょう。半角英数の20文字以内で入力します。大文字やスペースは含めることはできませんので注意してください。
複数形のラベル こちら日本語で入力してもOKです。分かりやすい名前を付けるといいですね。このラベルは管理画面のサイドバーに表示される名前になります。
単数形のラベル 単数形の場合に表示される名前です。英語の場合に複数と単数において明確な区別を付けるため、この項目が用意されているものです。必須項目でもないので不日本語であれば空で大丈夫です。

Advanced Label Optionsを設定する

「Advenced Label Options」をクリックして管理画面で表示されるテキストを編集します。管理画面では英語表で表記されていることがあるので、ここで編集すると、管理画面上に表示される文を直せます。絶対に必要という訳ではないので記入しなくても大丈夫です。
追加設定

カスタム投稿タイプのシステム設定

ラベルの設定の後に「Creative Custom Post Type」を押して保存しましょう。その後に「Advanced Options」をクリックして「カスタム投稿タイプ」のシステム設定をしましょう
システム設定

一般公開 一般ユーザーにカスタム投稿タイプのアーカイブを見られたくないような時以外は特別な理由がない限り「True」にしましょう。
UIを表示 管理画面上にカスタム投稿タイプを表示するかどうかの設定です。一般的に表示すると思うので「True」のままにします。
Has Archive カスタム投稿タイプのアーカイブページを作成するという設定です。カスタム投稿タイプのアーカイブページが必要の場合「True」に設定します。ここが「False」になっているとアーカイブページを表示することができません。
Exclude From Search カスタム投稿タイプの記事をページ内の検索対象にするための設定です。「True」の場合ページ内検索でカスタム投稿タイプの記事が引っかからなくなります。
階層 記事に階層を作る設定です。「True」の場合「固定ページ」の様に「親」を設定して記事同士に階層を持たせることが出来ます。「False」が「投稿」。「True」が「固定ページ」です。
カスタムリライトスラッグ カスタム投稿タイプのアーカイブページのURLついての設定です。例にすると普通のカスタム投稿タイプのアーカイブページURLが変わり
http://wpwpwpwp.co.jp/投稿タイプの名前/
となります。
取り入れない場合、このフィールドに半角英数で値を設定しますとURL中の「投稿タイプ名」部分が入力した文字に変更されます。
メニューの位置 カスタム投稿タイプで管理画面のサイドバーのどの位置に表示するかの設定になります。1にするとダッシュボードの上に表示されます。5~100の間で入力してください。と英語で表記されます。
Show in Menu 管理画面上のメニューの項目でカスタム投稿タイプを含める設定ができます。「True」の状態でフィールドに追加したいメニューをクリックした時のリンク先のファイル名が入力できます。
例:「投稿」メニューの中に入れる場合は「投稿」をクリックすると「edit.php」に飛ぶので「edit.php」と入力します
Menu Icon カスタム投稿タイプにアイコンを設定します。デフォルトだとピンのアイコンになりますが、設定する場合は表示したいアイコンの絶対パスを入力します。
サポート 記事編集画面に表示する項目を設定できます。チェックを外すことで非表示にでき、必要最低限で設定しましょう。
ビルトイン分類 タクソノミーを使用するかどうかの設定になるます。「投稿」でいう「カテゴリー」や「タグ」といった機能になります。デフォルトでは「カテゴリー」と「タグ」のみの表示ですが、カスタムタクソノミーを追加すると、そのカスタムタクソノミーも選択できmす。

他にも多くの項目がございますが。あまり使うことがないので現段階では無視して大丈夫だと思います。気になる方はさらに調べてみてください。

まとめ

今回はカスタム投稿タイプを実装するプラグイン「Custom Post Type UI」の詳細について説明してきました。多少複雑ではありますが、覚えるとすごく楽しくWordPressが使えると思いますので頑張って覚えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

記事が気に入ったら
wp.makeを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

WordPressのプロフェッショナル集団 | wp.make

その開発、弊社に外注しませんか?

ワードプレス専門の制作会社
「wp.make」

テーマ化などの簡単で退屈な作業も、複雑なカスタマイズも、
専門知識を持ったスタッフがきめ細かに対応させて頂きます。

2018年からIT補助金の申請にも対応!!
お気軽にご相談下さい!


公式サイトはこちら

コメントを残す

*