運営:株式会社e2e

世界のWordPress最新情報を
届けるメディア

2021.04.27カスタマイズ

wordpressで予約システムを作ろう!

この記事を書いた人

土井 純也

WordPressスペシャリスト・エンジニア/株式会社プレート 取締役

1985年北海道生まれ。200社以上のWordPressサイトの制作を担当し、「wp.support」では一部上場企業を含め、様々なサイトのWordPress保守・セキュリティをサポートしている。

この著者の他の記事を見る >>

wordpressで予約システムを作ってみたいけど難しそう・・・
そんな方はプラグインを利用することで簡単に予約システムを作ることができます!
本記事では、簡単に予約システムを作ることができるプラグイン「Booking Calendar」について説明します。

Booking Calender

Booking CalendarはWordPressの有名なプラグインの一つです。このプラグインを利用することで、phpを書かなくても簡単に予約システムを導入することができます。
(無料バージョンだと1日1回の招待しかできないという制限があります。)

インストール方法

以下のサイトからダウンロードしたファイルを解凍し、/wp-content/plugins/に入れます。
その後、ダッシュボードからプラグインを有効化しましょう。

https://wordpress.org/plugins/prevent-xss-vulnerability/

予約システムの挿入方法

プラグインを有効化した後、新規投稿を追加してみると新しいアイコンが表示されています。
これをクリックします。

クリックすると設定ウインドウが出てきます。「insert insert page」をクリックしてページに追加しましょう。


本文にショートコードが追加されたかと思います。
これで記事本文としては挿入完了ですので、記事を更新しましょう。

投稿を確認すると、上記のようなカレンダーが確認できると思います。
日付と名前を入力して「send」を押してみましょう。

カレンダーの確認方法

カレンダーには色がついています。デフォルトでは各色は以下のように設定されています。

  • 赤:予約確定済み
  • 黒:現在選択している日付
  • オレンジ:すでに予約されているが、管理者がまだ承認していない状態


予約の承認

ユーザーからの予約があると、ダッシュボードの「Booking」欄に赤く表示されます。

ここをクリックしてユーザーの予約状況を確認できます。

ユーザーの予約部分をクリックして、チェックマークを押すとバーが黒くなり、予約が確定されます。
これにより、カレンダーが表示されているページでは、その日付の色がオレンジから赤に変わります。


まとめ

簡単に予約システムを導入できる「Booking Calendar」プラグインについて説明しました。

注目記事バナー