WordPressのデータベースの中身はどうなっているのか?

データベース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WordPressでWebサイトを運営する上で、必要不可欠なのがデータベースです。

普段特に意識せずに使っているWordPressのデータベースですが、構造を詳しく知っておくことで、カスタマイズがしやすくなります。
ぜひデータベースの構造を覚えて、サイトのカスタマイズに役立ててください!

WordPressのデータベースのテーブル一覧

WordPressのデータベースはバージョン以下の12テーブルから構成されています。
(バージョン4.9.8時点)

  • wp_commentmeta
  • wp_comments
  • wp_links
  • wp_options
  • wp_postmeta
  • wp_posts
  • wp_termmeta
  • wp_terms
  • wp_term_relationships
  • wp_term_taxonomy
  • wp_usermeta
  • wp_users

各テーブルの役割

wp_commentmeta

コメントのメタ情報が格納されています。主にプラグインで使用されることが多いです。
WordPressにデフォルトで入っているコメントスパム検知用プラグイン「Akismet」でも使われております。

wp_comments

投稿へのコメントを記録しています。コメント投稿者、メールアドレス、IP、日時、内容、承認状況、ユーザーエージェントなど様々な情報を記録しています。

wp_links

リンク関連のデータを管理しています。一部プラグインで使用されています。

wp_options

WordPress各種設定が保存されています。サイトURLやホームURL、サイト名などの基本情報から、一部プラグインの設定まで幅広く利用されています。

wp_postmeta

投稿のメタ情報が保存されています。カスタムフィールドやプラグインによって投稿に機能を追加する場合に使われます。

wp_posts

WordPressの投稿・固定ページ・カスタム投稿全てこのテーブルに保存されています。著者、投稿日時、更新日時、タイトル、内容、公開状況、投稿タイプなどが保存されています。

wp_terms

カテゴリやタグの名前とスラッグを保存しています。

wp_termmeta

WordPress4.4から新たに追加されたテーブルです。プラグインや個別にカスタマイズする際に利用することができます。

wp_term_relationships

投稿とカテゴリ・タグを紐付けています。どの投稿がどういったカテゴリ・タグを持ってるかの情報が保存されています。

wp_term_taxonomy

wp_termに保存さている語句がカテゴリなのか?タグなのか?といった情報を保存しています。

wp_usermeta

WordPressユーザーのメタデータが格納されています。各ユーザーの紹介文や権限などの設定に使用されています。

wp_users

WordPressユーザーの名前やパスワードが保存されています。

まとめ

本記事では、WordPressのデータベースの各テーブルの役割についてまとめました。
知っておくとカスタマイズする際に非常に役立ちます!!ぜひ参考にしてください!!

その開発、弊社に外注しませんか?

WordPress専門の制作会社
「wp.make」

お見積もりのご依頼やご相談など、まずは下記フォームよりお問い合わせください。

WordPressでのサイト開発を専門に行う弊社が、どのような内容にもお答えさせて頂きます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください