【2018年最新版】Gutenbergの使い方!WordPress初心者でもわかる図解あり

WordPress5.0の新エディターGutenbergの使い方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WordPress5.0から正式採用される新エディター「Gutenberg」。
Gutenbergでは画像・動画をはじめとしたリッチコンテンツを、初心者でも簡単に使えるように、というコンセプトで開発されています。

とはいえ、初めてWordPressに触れる人や旧エディターでの編集に慣れた人は、使い勝手がわからず躊躇してしまうかもしれません。
今回は、WordPress初心者の方やGutenbergに戸惑っている方に、わかりやすく使い方を解説していきます。

Gutenbergはまだ開発中です!本番サイトで実装することはおすすめ出来ません。必ずテスト環境などで検証し、表示等に問題がないことを確認した上で実装しましょう。

Gutenbergとは?

Gutenbergは、WordPress5.0からデフォルトで適用される新エディターです。
Gutenbergでは、ブロックという新しい概念が導入され、これまでのWordPressとは全く異なる記事作成体験を提供してくれます。

「Gutenberg」という名前の由来は、14世紀に活版印刷技術を発明した「ヨハネス・グーテンベルグ」から。WordPressの開発者マット・マレンウェッグによると、活版印刷が本を通じて庶民にも読み書きを広げたことを指し、WordPressをWebの知識がない人にも広く普及させたいという意味が込められているとのこと。

Gutenbergの特徴

ブロックという概念を使うことで、リッチな記事を簡単に、かつ、直感的に作成することが出来るようになります。WordPress初心者やHTMLやショートコードの知識がない人にとっても使いやすいエディターとなっています。

ブロックごとに編集が可能になることで、画像の配置や場所の入れ替え、ブロック単位でのコピペや削除に加え、使用頻度の高いコンテンツを再利用ブロックとして登録しておくことも出来ます。

また、既存記事との互換性もサポートされており、既存のWordPressサイトをGutenbergに移行しても基本的に表示等の不具合が出ないように設計されています。

旧エディターを使用したい人は「Classic Editor」プラグインを使おう

旧エディターの編集画面をプラグインなどでカスタマイズしていて、今後も旧エディターを継続して使用したいという人は、「Classic Editor」プラグインを使えば、今まで通り使用できます。公式でも、かなり長期に渡ってサポートが続くことが明言されていますので安心して利用できます。

Gutenbergのインストール

Gutenbergは、WordPress5.0からはデフォルトエディターとなっていますが、プラグインとしてもリリースされています。
プラグイン版を利用することで、古いバージョンのWordPressのままでもGutenbergを使用することも可能です。

WordPressの管理画面のメニューのプラグインの新規追加画面で「Gutenberg」検索しましょう。
プラグインが見つかれば、インストールして有効化してください。

Gutenbergのインストール

Gutenbergの使い方

それでは、Gutenbergを実際に使っていきましょう。

Gutenberg編集画面と各メニューの説明

Gutenbergの編集画面は下図のようになっています。

Gutenbergの編集画面

編集画面

画面中央のスペースが記事を作成するための編集画面です。
旧ビジュアルエディターのように、コンテンツの配置や見え方を確認しながら編集することが出来ます。新規記事の編集を始める場合、タイトルボックスと段落ボックスが一つ挿入されています。

Gutenbergの記事編集部分

左上メニュー

編集画面左上には、記事の編集時に便利な「ブロックの追加」や「戻る」「進む」ボタン、記事の構成を確認できる「コンテンツ構造」、各ブロックに移動できる「ブロックナビゲーション」などのメニューがあります。

Gutenberg左上メニュー

右側サイドバーメニュー

編集画面の右側サイドバーには、作成している文書全般についてのメニューが表示されます。「カテゴリー」や「タグ」、「アイキャッチ画像」など、記事全体の設定を行います。

右側サイドバーの文書メニュー

また、特定のブロックを選択している状態では、そのブロックに関する設定メニューが表示されます。
記事全体のメニューに戻したい場合は、文書のタブをクリックするか、ブロック以外の場所をクリックします。

右側サイドバーのブロックメニュー

Gutenbergの基本操作

Gutenbergの基本的な使い方をご紹介します。
Gutenbergは、各要素をブロックという一つのまとまりにして扱います。

ブロックを追加して編集する

まず、左上の「+」のボタンをクリックしてみましょう。
下図のように、追加するブロックの選択画面が表示されます。

新規ブロック作成

まずは、普通のテキストを書くために、「段落ブロック」を選択してみましょう。
すると、記事の一番下に段落ブロックが追加されます。(特定のブロックを選択中は、そのブロックの直下に追加されます)

段落ブロック新規作成

段落ブロックの詳細や各ブロックの詳細は後述するので、同じ手順でいくつか段落ブロックを追加してみましょう。

段落ブロックを5つ作成

ブロックの位置を入れ替える

ブロックを選択すると、左側に3つのボタンが表示されます。このボタンでブロック同士の位置を簡単に入れ替えることができます。
上向きの矢印で一つ上に、下向きの矢印で一つ下に、真ん中の6つの点が並んだマークをクリックしながらドラックアンドドロップで好きな箇所にブロックを移動させることができます。

ブロックの位置の入れ替え

任意の場所に新規ブロックを挿入・ブロックの複製

いずれかのブロックを選択中に、ブロックの上部のツールの右端のボタンから以下の操作が可能です。
また、()内のショートカットキーでも同様の操作が可能です。

  • 選択中のブロックの複製(Shift + Command + D)
  • 前に新規ブロックを挿入(Command + Option + T)
  • 後ろに新規ブロックを挿入(Command + Option + Y)

任意の場所へのブロック作成

また、ブロックにカーソルを合わせると、ブロックの中央上部に「+」ボタンが表示されます。
これをクリックすることでも、そのブロック上部に任意のブロックを挿入することができます。

ブロックの上に新規ブロック作成

複数ブロックをまとめて操作・削除

構成を変えたい時など、複数のブロックに渡って操作・削除したい時があるかと思います。
そんな時は、テキストを選択する要領で複数のブロックを選択すると、選択中のブロックをまとめて操作したり削除することができます。

複数ブロックの操作

記事の「プレビュー」「下書き保存」「公開」「更新」

記事の公開に関連する操作は、右上のメニューで行うことができます。

右側サイドバーの文書メニュー

各ボタンの動作については、下記になります。

プレビュー 現在の記事の表示をブラウザ上で確認します
下書き保存 作成中の記事を公開せずに下書き保存します。
(保存しました、と表示されていれば自動保存済み)
公開 記事をWeb上に公開します
更新 一度、公開中の記事への変更を更新します。
(記事を公開すると、公開ボタンが更新ボタンになります。)

基本的な操作はこれだけです。
とても直感的で簡単ですよね!

次は文書全体の設定方法を確認しましょう。

WordPress文書全体に関するメニューの使い方

作成中の文書全体に関する設定は、右側サイドバーの文書タブ内のメニューから変更できます。

右側サイドバーの文書メニュー 2

ステータスと公開状態

公開状態

文書のWordPress管理画面上での公開状態を操作します。
WordPressの管理者が自分一人の場合は特に触る必要はありませんが、企業などで外部ライターに投稿してもらうなどに使用すると良いでしょう。

公開状態

公開

文書を公開する際の、公開予約を設定できます。

公開予約

投稿フォーマット

投稿フォーマットを選択することが出来ます。
中〜上級者向けの機能なので、初心者は無視しても問題ありません。

投稿フォーマット

先頭に固定表示

WordPressの記事は基本的に投稿日時が新しい順に先頭から表示されます。
ただ、こちらにチェックを入れることで特定の記事を先頭に表示させることが出来ます。

先頭に固定表示

レビュー待ち

寄稿者権限のユーザーが主に使用します。記事作成が完了し、サイト責任者からの公開前チェックを待っている状態です。

レビュー待ち

ゴミ箱に移動

編集中の記事をゴミ箱に移動します。

ゴミ箱に移動

パーマリンク

記事のパーマリンクを設定します。
URLの入力欄に自由にパーマリンクを記述します。プレビューには、実際のWeb上で表示されるURLが表示されます。また、タイトルブロックを選択中のみ、上部にパーマリンク入力欄が表示されます。
「パーマリンク設定」をクリックすると、管理画面のメニューの「設定」→「パーマリンク設定」の画面に移動します。

パーマリンク

カテゴリー

編集中の記事が所属するカテゴリーを設定します。
「新規カテゴリーを追加」から、記事編集画面からもカテゴリーを新規に追加することが出来ます。

カテゴリーの設定

タグ

編集中の記事にタグを設定します。
タグを設定することで、共通のキーワードに関連する記事を探しやすくなります。

タグの設定

アイキャッチ画像

記事一覧などで表示するアイキャッチ画像を設定します。
メディアライブラリから選択するか、新しい画像ファイルをアップロードします。

アイキャッチ画像の設定

抜粋

記事一覧ページなどで、記事タイトルと一緒に表示される記事の抜粋を設定します。
(デフォルトでは、メタディスクリプションとしての機能はありません。メタディスクリプションを設定したい場合は、All In One SEOなどのプラグインを使用しましょう)

抜粋の設定

ディスカッション

個別記事ごとのコメントやピンバック、トラックバックの許可に関する設定を行います。
サイト全体の設定を変更したい場合は「設定」→「ディスカッション」から変更することができます。

ディスカッションの設定

コメントを許可

投稿記事にサイト閲覧者がコメントを残せるかどうかの設定です。
スパムコメント対策で、手動承認やメール通知設定を行う場合は「設定」→「ディスカッション」から設定しましょう。

ピンバックとトラックバックを許可

投稿の参照元の記事にリンクを貼り、リンク先の管理者にリンクを設定した通知が届くという仕組みです。
ただ、現在では使用者が多くなく、スパムに利用される可能性もあるので、基本的にチェックは外しておいて問題ありません。

次からは、Gutenbergの各ブロックの詳細と使い方について具体的に見ていきましょう。

各ブロックの詳細と使い方

Gutenbergには、色々なブロックのフォーマットが用意されています。
これらを組み合わせることで、HTMLやCSSといった知識がない人でも、簡単にリッチな記事を書くことができます。

Gutenbergの全ブロック一覧表

Gutenbergで用意されているブロックの一覧表です。
使用頻度の高いブロックの使い方の詳細を知りたい方は、こちらをクリックしてください。

ブロックコードはコードエディターで記述する際に、ブロック箇所を示すために該当部分の前後に記述するコードになります。
(わからない方はスルーで問題ありません。)

表は横にスクロールします。

ブロックの種類 アイコン 名前 説明 対応HTMLタグ ブロックコード
インライン要素 インライン画像 選択中のブロック内にインライン要素として画像を挿入します <img>タグ
一般ブロック 段落ブロック 段落 テキストを書くのに使用します <p>タグ
画像ブロック 画像 画像を挿入します <img>タグ
見出しブロック 見出し 見出しタグを挿入します <h>タグ
ギャラリーブロック ギャラリー 複数の画像でギャラリーを作成します <ul>+<figure>+<img>
リストブロック リスト 箇条書きのリストを作成する <ul>タグ、<ol>タグ
引用ブロック 引用 引用部分を示すのに使用します <blockquote>タグ
音声ブロック 音声 音声コンテンツを埋め込む際に使用します <figure>+<audio>
カバーブロック カバー カバー画像を設定する際に使用します <div>+<p>
ファイルブロック ファイル ダウンロード用のファイルを配置する際に使用します <div>+<a>
動画ブロック 動画 動画コンテンツを配置する際に使用します <figure>+<video>
フォーマットブロック コードブロック コード コードを埋め込む際に使用します <pre>+<code>
クラシックブロック クラシック TinyMCEエディター(旧エディタ)で編集できるブロックを作成します 自由 なし(直書きするとクラシックとして扱われる)
カスタムHTMLブロック カスタムHTML HTMLを直接記述する際に使用します 自由
整形済みテキストブロック 整形済みテキスト 特殊文字などをそのまま表示したい際に使用します <pre>タグ
プルクオートブロック プルクオート スタイルが適用された引用文を作成できます <figure>+<blockquote>+<p>+<cite>
テーブルブロック テーブル 表形式のコンテンツを作成します <table>タグ関連
詩ブロック 詩的なコンテンツを作成します。(背景色がつきます) <pre>
レイアウト要素 ボタンブロック ボタン ボタンを作成します <div>+<a>
カラムブロック カラム 複数カラムのコンテンツを作成します <div>
メディアと文章ブロック メディアと文章 メディアと文章を2カラムで表示します <div><><><>
続きを読むブロック 続きを読む トップページで抜粋表示する際の位置を指定します なし
ページ区切りブロック ページ区切り 次のページに移動する位置を指定します なし
区切りブロック 区切り 記事の区切りを挿入します <hr>タグ
スペーサーブロック スペーサー ブロックの間の余白を挿入します <div>タグ
ウィジェット ショートコードブロック ショートコード ショートコードを挿入します なし
アーカイブブロック アーカイブ アーカイブウィジェットを挿入します なし
カテゴリーブロック カテゴリー カテゴリーウィジェットを挿入します なし
最新のコメントブロック 最新のコメント 最新のコメントを表示します なし
最新の記事ブロック 最新の記事 最新の記事を表示します なし
埋め込み
(数が多いので一部抜粋)
埋め込みブロック 埋め込み URLを指定して画像・動画などのコンテンツを埋め込みます <figure>+<div> 埋め込んだコンテンツの種類によって自動生成
Facebook埋め込みブロック Facebook Facebookの投稿を埋め込みます <figure>+<div>
Twitter埋め込みブロック Twitter Twitterの投稿を埋め込みます <figure>+<div>
Instagram埋め込みブロック Instagram Instagramの投稿を埋め込みます <figure>+<div>
YouTube埋め込みブロック Youtube YouTubeの動画を埋め込みます <figure>+<div>
WordPressリンク埋め込みブロック WordPress WordPressの記事のブログカードを生成します <figure>+<div>

使用頻度の高いブロックの機能と使い方

ここからは特に使用頻度の高いブロックの使い方について簡単に解説していきます。

段落ブロック(pタグ)

段落ブロックは通常のテキストを作成するブロックです。

右側のメニューでは、ブロック全体の設定を行うことができます。

段落ブロック右側メニュー

文字サイズの設定では、「小」「標準」「中」「大」「特大」から感覚から選択することもできますし、右側のボックスにポイントを指定することも可能です。
ドロップギャップをオンにすると、下図のようにブロック先頭の文字を大きく表示することができます。(他のブロックの表示に影響することもあるので、プレビューを確認しましょう)

ドロップギャップ

色設定の項目では、ブロック全体の背景色やテキストの色を変更できます。また、配色がサイト上で見辛い場合には、アドバイスもしてくれます。

段落ブロックの色設定

最後の高度な設定に関しては、ブロックに適用したい追加CSSを設定することが可能です。
(CSSが何かわからない人は特にきにする必要はありません)

ブロック上部のツールでは、テキストの配置や一部分のテキストを太字にしたりリンクを設定することができます。

段落ブロックのツールバー

画像ブロック(imgタグ)

画像ブロックでは、従来のように画像を挿入することができます。

従来の「アップロード」「メディアライブラリ」以外にも、「URLから挿入」という方法が追加されており、任意の画像URLを入力することで画像を挿入することができます。
また、ブロック上部のメニューから画像の配置を「左寄せ」「中央」「右寄せ」と簡単に変更することができます。

画像ブロック

見出しブロック(hタグ)

記事内の見出しを設定するブロックです。

見出しのレベル(h2〜h6)を右側メニュー及び上部のツールで簡単に選択できる他、HTMLアンカーを設定すると
<h2 id=”howto”>見出しブロックの使い方</h2>
のように、id属性を設定することができます。

記事内でアンカーリンクを設定するときに便利ですね。

見出しブロック

リストブロック(ul、olタグ)

箇条書き(順番なし・あり)を作成するブロックです。

上部のツールで順番なし、順番ありを切り替えられる他、インデントの上げ下げも簡単に行うことができます。

リストブロック

テーブルブロック(tableタグ)

表形式のコンテンツを作成するブロックです。

htmlで記述すると少し面倒なtableタグも、Gutenbergならブロック作成時に列数と行数を指定するだけで、簡単に作成することができます。

テーブルブロック

好きな列数と行数を指定して、生成をクリックすると、

テーブルブロック作成完了

このように、簡単にテーブルコンテンツを作成出来るので、とても便利です。

また、機能も充実しており、上部のツールから表全体の左寄せ・中央寄せ・右寄せできます。(もう一度、クリックで解除)

テーブルを左寄せにした図

また、行・列の追加もクリック操作だけで簡単に行えます。

テーブルの行・列の追加と削除

右側メニューでは、一般的な罫線式の表と背景色を用いたストライプ式の表を切り替えることができ、

ストライプ式の表

「固定幅のテーブルセル」をオンにすると、列の幅を均等に配分してくれます。

固定幅のテーブルセル

よく使うブロックの機能の説明については以上です。
これだけでも、今までの記事作成よりも数段便利になりそうですね。

Gutenbergでは、上記以外にも便利なブロックが色々と用意してありますので、ぜひ自分でも色々と試してみてください。

ブロックタイプの変更について

記事を作成中にこんなことを思ったことはないでしょうか?

「普通の文章で書いていたけれど、箇条書きに変更したくなった」
「画像の横にテキストを追加したくなった」

今までだと、HTMLタグから変更する必要がありました。
しかし、Gutenbergでは互換性の高いブロックについては、「ブロックタイプ変更」機能で簡単に切り替えることが出来ます。

ブロックタイプの変更

上の動画では、下記の3つの処理を行なっています。

  1. 「段落ブロック」から「見出しブロック」へ
  2. 「段落ブロック」から「リストブロック」へ
  3. 「画像ブロック」から「メディアと文章ブロック」へ

どんなブロックタイプにも変更できるわけではなく、そのブロックと互換性のあるブロックタイプへの変更しか出来ませんが、それでもHTMLタグから書き直す必要がないことを考えると、非常に便利です。

使用履歴からブロックを作成

よく使うブロックを探すのは面倒ですよね。
Gutenbergでは、ブロックを作成する時のメニューの一番上に最も使用頻度の高いブロックが9つまで表示されます。

最も使われているブロック

Enterキーなどで新規に段落ブロックを作成したとき、右側に使用頻度の高いブロックタイプの上位3つまでが表示されるので、一々探す必要はありません。また、ブロックに「/」を入力することで、上位10個までのブロックタイプが表示することも出来ます。

使用履歴からブロックを作成

便利な再利用ブロックの使い方

表などのコンテンツを別の箇所や他のページでも使い回したい場合もありますよね。
そんな時は、使いまわしたいコンテンツを再利用ブロックとして登録すれば、簡単に使い回すことが出来ます。

再利用ブロックを登録するには、まず、登録したいブロックの上部ツールの三点メニューから「再利用ブロックに追加」を選択します。

再利用ブロックの登録手順1

再利用ブロックの名称設定画面になります。

再利用ブロックの登録手順2

わかりやすい名前をつけて「保存」をクリックすれば登録完了です。
新規ブロック作成メニューの一番下に、「再利用可能」の項目が追加され、先ほど登録した再利用ブロックが見つかります。

再利用ブロックの登録先

ただし、再利用ブロックを編集すると、別の場所で使用している再利用ブロックにも変更が適用されることには注意してください。
次の動画のように、下のブロックだけを編集しても、上のブロックにも変更が反映されます。

再利用ブロックの変更は全体に適用される

その箇所だけを変更したい場合は、上部のツールから「通常ブロックに変換」をしてから行いましょう。

再利用ブロックを一部だけ変更する方法

また、登録した再利用ブロックは、右上のメニューの中の「再利用ブロックを管理」の項目から管理画面に移動できます。

再利用ブロック管理画面へのリンク

管理画面では、再利用ブロックの削除やJSON形式でのインポート・エクスポートを行うことが出来ます。

再利用ブロック管理画面

ブロックの編集画面では、記事作成と同じ感覚で再利用ブロックを編集することができます。
こちらで変更した内容は、記事内ですでに使用している再利用ブロックにも影響するので注意しましょう。

再利用ブロック編集画面

ブロックをHTMLとして編集

一部のブロックだけをHTMLとして編集したい場合、わざわざコードエディターに切り替える必要はありません。
上部のツールから「HTMLとして編集」を選択すると、そのブロックだけをHTMLで編集することが出来ます。

こちらから「HTMLとして編集」をクリック。

ブロックをHTMLとして編集

このように、ブロック内の要素がHTMLで編集できるようになります。

HTMLに変換後

ビジュアル編集に戻す時は、再度、上部ツールから「ビジュアル編集」をクリックします。

ビジュアル編集への戻し方

これで、元どおり普通のブロックに戻りました。

ビジュアル編集に戻った後

特殊なブロック「クラシック」について

クラシックブロックは少し特殊なブロックです。
旧エディタである「TinyMCE」を使用することができ、複数のブロックをまとめて扱うことが出来ます。

クラシックブロックは複数ブロックを扱える

また、クラシックブロックを挿入しなくても、コードエディタに直接HTMLを記述して、ビジュアルエディタに戻すと、クラシックブロックとして扱われます。

コードエディタに直接記述する
コードエディタの記述がクラシックブロックにまとめられている

この時、divやsectionといった、通常のブロックではサポートされていないHTMLタグも使用することができます。

クラシックブロックを通常のブロック単位に分割

また、クラシックブロックに含まれる要素を、通常のブロック単位に分割することもできます。

やり方は簡単で、クラシックブロックのツールバーの三点メニューをクリックし、ブロックへ変換を選択するだけ。

クラシックブロックを通常のブロックに変換

すると、このようにそれぞれの要素がブロック単位に分割されます。

クラシックブロックを通常ブロックに変換後

ちなみに、既存のサイトでGutenbergを有効化した場合、旧エディターで作成した記事は全てこのクラシックブロックにまとめられています。
クラシックブロックのままであれば、問題ありませんがを通常のブロック単位に変更する際には、divやsectionなどのタグが中身ごと消えてしまうなど、若干の影響が出る場合があります。
ブロック変換時の影響範囲について、詳しくは下記の記事を参考にしてください。

その他の機能について

メニューの配置と表示/非表示の切り替え

Gutenbergの編集画面では、各種メニューやブロックのツールバーの配置や表示/非表示を簡単に切り替えることができます。

統合ツールバー

統合ツールバーを使用すると、ブロック上部のツールを左上の文書ツールと同じ位置に表示させることができます。

統合ツールバーのメニューの位置

有効にすると、ブロック周りにツールバーが表示されなくなるのでスッキリします。

ツールバーの位置が上部に統合

ただ、人によっては、ブロックの近くにツールがあった方がいい人もいると思うので、使用はお好みで。

スポットライトモード

スポットライトモードを使用すると、選択中のブロック以外の色が薄くなり、そのブロックに集中することができます。

スポットライトモード

フルスクリーンモード

フルスクリーンモードでは、WordPressの管理画面メニューの表示/非表示を切り替えることが出来ます。

フルスクリーンモード

サイドメニューの表示切り替え

サイドメニューも表示/非表示を簡単に切り替えることが出来ます。
右上の歯車マークをクリックしてみましょう。

サイドバーの表示切り替え

コンテンツ構造の確認

左上メニューの◯の中にiがあるマークをクリックすると、見出しや段落のブロック数、見出し構成などを確認することが出来ます。

コンテンツ構造

ブロックナビゲーション

左上メニューの右端のブロックナビゲーション機能では、ブロック単位のリストが表示され、クリックで選択すると、そのブロックに移動することが出来ます。

ブロックナビゲーション

旧エディターの「テキストエディタ」はコードエディターに名称変更

すでに、ブロックの機能解説の中で何度か出ていますが、旧エディターの「テキストエディタ」はGutenbergでは「コードエディター」に名前が変わっています。
機能としては変わらず、そのままHTMLを記述していくことができます。

エディタの切り替え

<!– wp:paragraph –><!– /wp:paragraph –>のようなブロックコードを使用せずに記述した場合は、基本的に全てクラシックブロックとして扱われます。

Block APIでオリジナルのブロックが作れる

Gutenbergでは、「Block API」を使用して、独自のカスタムブロックを作成することが可能です。
こちらは、少し専門性が高くなるため、また別の記事で詳しく解説します。

まとめ

今回はGutenbergの使い方について、初心者の方にもわかりやすく解説しました。

旧エディターに慣れている人にとっては、もしかすると初心者以上操作感の違いに戸惑われるかもしれません。
ただ、Gutenbergは、コンテンツ作成に関して旧エディターよりもかなり多機能で便利になっています。

もし、本記事を読んで便利そうだな、と思ったら、ぜひ一度試してみてください。
意外なほど使いやすくて驚かれること請け合いです!(筆者体験談)

本記事がGutenbergを初めて触る方にとって、少しでも助けになれば幸いです。
今後もGutenbergの機能について、ブログで解説していきますので、ご期待ください!

もし、WordPressのバージョンアップが不安な方やバージョンアップで不具合が出てしまったという方は、ぜひWordPressの専門家にご相談ください。

その開発、弊社に外注しませんか?

WordPress専門の制作会社
「wp.make」

お見積もりのご依頼やご相談など、まずは下記フォームよりお問い合わせください。

WordPressでのサイト開発を専門に行う弊社が、どのような内容にもお答えさせて頂きます。