スパムとは?迷惑メール・SNSの被害事例と対策方法を解説

スパムとは?迷惑メール・SNSの被害事例と対策方法を解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャリアメールやGmailに送信される大量の迷惑メール。
スパムメールや単にスパムと呼ばれることもありますが、現在ではメールだけでなくSNSなどにも被害が拡大しています。

今回は、スパムの由来から最新の手法、スパムの被害に遭わないための注意点等を詳しく解説していきます。
「自分は大丈夫」と思わずに、安全のためにもぜひ一度目を通して見てくださいね。

スパムとは

スパムとは、不特定多数・無差別的に大量のメールやコメント・メッセージを送信する「迷惑行為」のことをいいます。

SNSやブログなどが使われ始めるまでは、大量の迷惑メールを送りつけてくるのが一般的でした。
今ではスパムの対象は拡大し、いつ被害にあってもおかしくない状態です。

スパムの種類は様々で、ウイルスに感染した場合踏み台としてスパムメールなどを送信してしまっている可能性もあり、加害者なってしまう可能性があるので注意が必要です。
また、スパムを大量に送りつけてくる人たちを「スパマー」と呼びます。

スパムの由来

スパムという言葉の由来は、日本でも広まっている食品の「スパム缶」が由来になっています。
スパムが迷惑行為を意味するようになった由来は、イギリスのコメディーグループである『モンティ・パイソン』が登場するテレビ番組『空飛ぶモンティ・パイソン』で行なったスケッチコメディー。

モンティ・パイソンが行なったコメディの中で、レストランの客が「スパム・スパム・スパム…」と連呼するシーンがあり、店員が迷惑しているところから「迷惑行為=スパム」を意味するようになりました。

参考映像:モンティ・パイソン「スパム」

ちなみに、スパム缶の「SPAM」という名前の由来は、公式サイトによると「Sizzle. Pork. And. Mmm’」という言葉の頭文字からきているとのこと。
(Sizzleは「ジュージューという音」、Mmm’は「美味しい物を食べた時の「ウーン」という擬音」)

SPAMの公式サイト:SIZZLE PORK AND MMM™

スパムの種類

以下のようにスパムは大きく3つの種類があります。

  • 迷惑メール
  • SNSスパム
  • スパムコメント

以下解説していきます。

迷惑メール

不特定多数を対象に大量のメールを送りつけるといった行為です。

内容は、

  • 架空請求メール
  • ウイルスメール
  • 広告メール
  • 詐欺メール
  • なりすましメール
  • チェーンメール

などがあります。

特にウイルスメールは、開いただけで感染してしまう場合があります。
感染した後は、踏み台としてメール送信に使われてしまい、加害者と間違われてしまう可能性が出てきます。

近年迷惑メールも巧妙になり、件名が魅力的であったり興味をそそるものや公式サイトから送信されていそうなものもまで様々あるため、注意が必要です。

SNSスパム

SNSスパムはTwitterやFacebook、Lineなどで行われる迷惑行為です。

内容は、

  • ネットで簡単◯◯万円ゲット!
  • 今なら◯◯%オフ!
  • 今なら無料◯◯診断!
  • 友達登録で◯◯プレゼント
  • アダルトサイトへの誘導

他にもスパム行為は多くあります。

SNSを使ったスパムは様々で、ネットビジネス商材や通常そこまで安くならないような商品が格安になっていたりするような投稿やメッセージを送ってくるといったことがあります。

最近では、アダルトサイトへ誘導されウイルスに感染させる場合や診断ツールを安易に使ってしまったがために個人情報が抜き取られてしまっていた場合などあるため注意が必要です。

参考:Twitterでのスパム行為とプラットフォームの操作に関するリマインダー

スパムコメント

スパムコメントは、ブログや掲示板・質問投稿などに対して行われる迷惑行為です。

記事に全く関係のないコメントや広告を投稿してきます。

スパムコメントは広告などの他サイトへの誘導が多く、サイトの評価を他のサイトに与えてしまっているような状態です。

また、スパムコメントが多く投稿されてしまうと、治安のよくないサイトだと判断されてしまい、評価は下がりユーザーが離れていってしまいます。
他のユーザーがスパムコメントの罠にかかってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

スパムによる被害事例

スパムによる被害事例を2つご紹介します。

気象庁装った迷惑メール

気象庁を装った迷惑メールが出回っており、提供しているアプリをダウンロードすると、いち早く地震や津波の情報を受け取れるというメールです。

気象庁は、メール配信は行なっておらずアプリの提供もしていないため、注意喚起をしています。
また、金銭的被害を受けた場合は、警察署に被害届けを提出して欲しいと報告しています。

被害規模や金額は公表されていないため、注意が必要です。

参考:気象庁を装った迷惑メールに注意 偽アプリのダウンロードを促す

Twitterで不審なDM、新たな手口か

あるサイトで「個人情報とかばらまかれてるけど大丈夫ですか」というURL付きのDMが送られてくるといった新手の手口がありました。

相互フォローしている相手から送られてきたもので、巧妙な手口です。

「個人情報さらされています」「警察に相談した方がいいんじゃないか」などと不安を煽ってくるようなメッセージが続き、URLをクリックするように誘導していた。

しかし、「スクショを見せて欲しい」「入手場所は」など深掘りしていくうちに連絡が途絶えたようです。

その後セキュリティ会社であるトレンドマイクロに検証を依頼したところ「サポート詐欺」に誘導する画面が出てくるような悪質なURLであったことが判明しています。
またPCやスマホといった端末環境によって表示される画面も異なっていたようです。

手口はより巧妙になっていく可能性があるので、注意が必要です。

参考:「個人情報ばらまかれてるけど大丈夫?」 Twitterで不審なDM報告、新手のスパム手口か URLは開かないで

スパムの対策

スパム対策を行うことで、メールやコンテンツ触れることがなくなり、自分が加害者にならずに済みます。
もし、友人や知人が被害にあいそうな場面があった場合は、教えることで被害を食い止めることができます。

簡単に対策できるものばかりですので、実践してみてください。

発信者不明・不審なメールは開封しない

以下のようなメールは、ウイルス感染の恐れがあるため、開封しないよう注意が必要です。

  • 発信者が不明
  • 件名が不審
  • 添付ファイルがついている

上記のようなメールあった場合は、開封前にスキャンしたり宛先を確認したりするなどして、安全であることがわかった上で開封するといいです。

もし、不明な宛先からのメールにマルウェアが仕込まれていた場合、ウイルスに感染しボットとして利用され、他の人に迷惑行為を行なってしまう可能性があります。

見覚えがない・どこからきたメールなのか不明など、心当たりがない場合は開封せず、ゴミ箱や迷惑メールボックスに移動させましょう。

同じようなメールが続く場合には、迷惑メールフォルダを作成したり、ブロックリストに登録するなどして対策することで、誤って開封するということもなくなりますので、実践してみてください。

メールをブロックする

開発者が不明なサービスを使用しない

開発元や発信元が不明なサービスを利用しないことで、個人情報の漏洩を防ぐことができます。
「〇〇診断」や「似ている〇〇」などの診断系と連携したりすることで、相手に読み込み・書き込みの権限を与えてしまっている場合があります。

連携を許可することで、必要となっている情報を閲覧することができてしまい、個人情報の漏洩やスパムの対象になってしまう可能性があります。

診断や連携するサービスを扱う場合は、どこまで相手が権限を得ているか・どんな副作用があるかを知った上でインストール・連携を行うことで対策することができます。

投稿する際に画像認証を行う

掲示板やブログなどを運営している場合は、本当に人間が投稿を行なっているのか確認することでスパムを軽減できる可能性があります。

投稿する際には、文字列が書かれた画像を提示して入力してもらったり単語と同じ画像を選択してもらうことで、人が直接入力しているということがわかります。

迷惑メールのようにコンピュータで全てを行うことはできないため、非常に手間をかけることで、スパムコメントを投稿される可能性を低くすることができます。
ただ、一般のユーザーにとっても負担になるので、投稿を頻繁に行うような場合は最初の一回のみに画像認証を行うなどで、ユーザーの負荷を軽減すると良いでしょう。

セキュリティソフトを使う

総合的なセキュリティソフトを導入することで、メールのブロックだけではなくPCやスマホのセキュリティ対策も行うことができます。

セキュリティソフトを導入していない場合、感染したことにも気づかず、いつの間にか被害を拡大させてしまっている可能性があります。

しかし、導入していることによって、誤ってメールを開封してしまったとしても、PCやスマホ側のセキュリティが機能してくれればウイルスの感染を防ぐことや対策を行うことができます。

近年のマルウェアはどこに仕掛けられているか見分けがつかないことが多いので、有効な手段といえます。

以下に無料のセキュリティソフトをあげたので、参考にしてみてください。

アバストはこちら
Windowsセキュリティはこちら
Antivirus

まとめ

今回は、スパム(迷惑行為)について解説しました。

スパムの種類や事例・対策について解説していきました。
迷惑メールボックスをみたら、たくさんの迷惑メールが入っているかもしれません。

メーラーで弾けている部分に関してはまだいいのですが、新着にあったものを間違って開いてしまうこともありえます。
不審なメールではないか・宛名が不明ではないか確認してからメールを開封するだけでも被害にあう可能性を減らすことができます。

あなた自身が加害者になってしまわないように、しっかりとした対策を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

記事が気に入ったら
wp.supportを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

WordPressの保守・セキュリティ対策なら「wp.support」