WordPress保守サービスとは?サービス内容と注意点まとめ

WordPress保守サービス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WordPressの保守サービスをご存知でしょうか?

WordPressを守り、セキュリティ対策やバージョンアップなどを行ってくれるサービスです。
サイト運用に集中したいという方やセキュリティに自信がなく専門家に外注する際の選択肢になります。

ただ、具体的に何をしてくれるのかがわからないと、依頼もしづらいですよね。
今回は、弊社のwp.make保守サービスをモデルに、WordPress保守サービスを依頼するとどんなサービスを受けられるのか、解説していきます。

WordPress保守のサービス内容

まずは、サービス内容を一覧で確認しましょう。
詳しい方はこれで十分かもしれませんね。

  • サイト死活監視
  • コアファイルのバージョンアップ
  • プラグインのバージョンアップ
  • 定期的なバックアップ
  • 緊急時のバックアップ復元
  • 検証環境の構築
  • 改ざんチェック
  • 電話・メールサポート

※内容はサービスによって異なります。
お申し込みの前にはサポート内容を確認しておきましょう。

下記で、それぞれのサービス内容を確認しておきましょう。

サイト死活監視

WordPressサイトが正常に稼働しているかを監視します。

一定間隔でパケットを送るプラグイン等を使用し、応答がなければ保守会社、クライアントにメールで通知するという方法が一般的。
最近では、Webサイトの構成が複雑化しているので、一口に死活監視といっても範囲は様々。
また、監視自体はプログラムで24時間365日可能でも、エラー時の対応は時間帯が決まっている場合もあるので、要件はしっかり確認しましょう。

弊社、24時間365日のエラー対応が必要な場合には、パートナー企業様と連携して対応しています。

コアファイルのバージョンアップ

WordPress本体(=コア)を常に最新のものにバージョンアップします。

WordPressはセキュリティ対策の面では常に最新バージョンを使用することが推奨されます。
しかし、WordPressのバージョンアップにはトラブルがつきもの。

  • サイトが真っ白になってしまった
  • プラグインが動かなくなった
  • 表示が崩れてしまった

バージョンアップの際に、上記のような経験がある方も多いのではないでしょうか。
保守サービスでは、上記のような問題が出ないようにバージョンアップを行ってくれます。

弊社の場合、テスト環境でバージョンアップを行い、問題がないことを確認したのちに本番に反映させます。
テスト環境自体も確認していただけるので、安心して最新バージョンのWordPressをご利用いただけます。

プラグインのバージョンアップ

使用中のプラグインに更新があった場合にバージョンアップします。

コアファイルと同じく、セキュリティ対策の面でプラグインも最新バージョンの利用が推奨されます。
ただし、バージョンアップによって一部機能に変更があったり、WordPress本体と相性が悪くなる可能性があります。

保守サービスなら、問題がないようにバージョンアップを代行してくれます。
弊社の場合、テスト環境での事前確認はもちろん、プラグインの機能が変わってサイトに合わなくなった場合は、別のプラグインなど代替手段についてもご提案いたします。

定期的なバックアップ

定期的にWordPressのファイル_データベースのバックアップを取ります。

WordPressのプラグインには、期間を設定して自動でバックアップしてくれるものがあります。
保守サービスでも基本的にはこうしたプラグインを使用してバックアップを取ります。

こちらは専門知識がなくても簡単に設定ができますが、次に説明する緊急時のバックアップからの復元とセットになったサービスと言えます。

緊急時のバックアップ復元

万が一の時に、バックアップしたファイルを元にサイトを復元するサービスです。

サイト運営は何が起こるかわかりません。
サイトに不具合が生じた場合やファイルが特定のファイルを誤って消してしまった場合、ハッキングを受けてサイトの内容が改ざんされてしまった場合など、様々な緊急事態が想定されます。

そうした場合にも、バックアップファイルからサイトを元の状態に復元します。

検証環境の構築

本番サイトを検証するためのサイトを新たに構築します。

この検証環境を構築することで、WordPress本体やプラグインのバージョンアップ、新規プラグインの追加も、現在のサイトに影響を与えることなく実施することが可能です。

検証環境は出来るだけ本番サイトに近づけることが重要なので、基本的にはクライアント側のサーバーに構築します。
ただ、そうした対応が困難な場合は、弊社の場合は弊社サーバー内にテスト環境を構築します。

改ざんチェック

WordPressの怖いものの一つが、クラッカーによる記述の改ざん。
クロスサイトスクリプディングを仕込まれたり、フィッシングサイトへのリンクが埋め込まれる可能性があります。

こうした改ざんについては、定期的に不審なコードが記述されていないかを判定するツールやテーマファイルの変更ログをチェックするという方法でチェックを行います。

電話・メールサポート

何かがあった場合のホットラインを確認しておくことも重要です。
メール対応のみという保守会社も多いですが、弊社は電話でのサポートも実施しています。
(※平日10:00〜18:00)

特に保守サービスでは、緊急に確認が必要な事項も多いので、電話サポートは重要と考えております。

まとめ:WordPress保守を依頼する時は要件・範囲を確認する

WordPress保守サービスの具体的な内容について解説してきました。

もし、WordPress保守を外注するという際には、保守会社との間で、保守の要件やサポート範囲をしっかり確認しておきましょう
緊急で対応してほしいのに、それはサポート範囲外なので対応できません、と言われたら困りますからね。

どこまでがサービス内容に含まれるのか、対応時間や連絡方法、別料金がかかる対応はあるか、など、しっかりと要件・範囲を確認した上で契約を結びましょう。

wp.makeの保守サービス

ワードプレスのバージョンアップセキュリティ対策
お悩みではないですか?
「何かが起きる前に!」
WordPressのプロフェッショナル集団が対応します。
初期費用は一切頂きません。月額4万円〜
SSL対応、定期バックアップもお任せ下さい。