WordPressの引越しで画面が真っ白になった時の対処法

WordPressの引越しで画面が真っ白になった時の対処法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WordPressの画面が真っ白になってしまった!という時に、心当たりを伺うと「別のドメインやサーバーからWordPressサイトを引越した」というケースがよくあります。

アクセスが多くなったり、セキュリティ強化・SEO的な観点で、別のレンタルサーバーや、別のドメインにWordPressサイトを引越ししたい、ということはよくあること。ただ、きちんとした手順を踏まずに引越しを行なってしまうと、引越し後のサイトの画面が真っ白になってしまうケースが発生します。

今回はWordPressサイトの引越しで画面が真っ白になるなどのエラーが出た際に確認すべき項目や対処方法を解説しました。サイトの引越しにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

「wp-config.php」のデータベース情報間違っている

一番シンプル、かつ、よくあるのが「wp-config.php」の設定ミス。データベース情報の変更漏れや記述ミスがないかを確認してください。データベース情報はサイトをホストしているサービスの管理画面等で確認できます。
詳しい方法を知りたい方はこちらの「WordPressのデータベース接続確立エラーの原因と対処法について」を参照してください。

データベースのドメインが間違っている

ドメインが変わっている場合、データベース内のドメインの記述を書き換える必要があります。ドメインを一括で置換するには、「Search Replace DB」というツールを使うのが効果的。詳しい使い方はこちらの記事をご覧ください。

table_prefixが間違っている

prefixは日本語で「接頭辞」のことでデータベースのテーブル名の頭につく文字列のこと。「wp-config.php」内に設定項目があり、デフォルトでは「wp_」に設定されています。

基本的には変更する必要はない項目ですが、同じデータベースでWordPressを複数インストールしている場合などは、変更が必要になる場合があります。(なお、セキュリティ対策としてtable_prefixの変更を推奨している記事が散見されますが、これは誤った対策で数行のコードで簡単に変更後の接頭辞を暴くことができます。詳しくはこちら。)

ファイルの転送漏れがある

ファイルの転送中にエラーが起きた、転送するファイルに漏れがあった場合など、全てのファイルを正常にアップ出来ていない場合は画面が真っ白になってしまう可能性があります。移行元と移行先でファイルの数に差がないかを確認してみましょう。

パーミッションが変更されている

サーバーにファイルをアップデートした際、自動的にパーミッションが変更される場合があります。「wp-config.php」や「.htaccess」などはパーミッションに関わる問題が起きやすいので確認してみましょう。パーミッションはFTPのファイルの情報などのメニューから確認することができます。

「.htaccess」のパーミッションの変更手順1
「.htaccess」のパーミッションの変更手順2

基本的には「644」になっていれば問題ないはずですが、サーバーによっては「600」の場合もあります。わからない場合には「WordPress+(サーバー名)+パーミッション」などで検索すればパーミッションの設定に関するページがヒットします。(xサーバーのパーミッション設定に関するページ

移行元のキャッシュプラグインの影響

移行元WordPressでキャッシュプラグインを有効にしている場合、管理画面にはログインできるもののサイトは真っ白ということが起こります。新しいサイト側でキャッシュを削除するか、該当のプラグインを停止することで正しく表示される場合があります。

キャッシュプラグインの停止

通常のプラグインと同様、WordPressの管理画面からプラグインを停止しましょう。

プラグインの停止方法

プラグインの管理画面でキャッシュファイルを削除する方法

使用頻度の高い「WP Super Cache」というプラグインでは、下図のようにWordPressの管理画面からキャッシュファイルを削除することができます。

WP Super Cacheのキャッシュ削除

基本的に他のキャッシュ系プラグインでも、キャッシュファイルの削除メニューはあるはずなので確認してみましょう。

phpのショートタグが使用できない可能性がある

移行元のファイルでphpのショートタグを使用していて、移行先のサーバーの設定でphpショートタグが使用できない場合、画面が真っ白になってしまう場合があります。phpのショートタグは下記のようなものです。

対処法としては、ショートタグを全て正式な記述に変更するかショートタグを有効にする方法があります。手間や修正の抜け漏れの可能性を考えると後者の方が簡単でしょう。
ショートタグを有効にするには「.htaccess」に追記する方法と「php.ini」ファイルを編集する方法があります。

「.htaccess」に追記してphpショートタグを有効にする

「.htaccess」に下記のコードをコピペしてください。

これだけでショートタグが有効になります。

「php.ini」ファイルを編集してphpショートタグを有効にする

「php.ini」ファイルを直接編集する方法には二通りの方法があります。
ひとつはFTPで直接「php.ini」ファイルを編集する方法。ファイルの場所は各種レンタルサーバーによって違いますので、「php,ini (サーバー名)」などで検索してみると良いでしょう。

もう一つは、サーバーの管理画面から「php.ini」の設定を変更する方法です。
サーバーの管理画面はサービスによって違いますので、編集方法を調べてみましょう。(例:Xサーバーの「php.ini」の設定変更方法

どちらの方法でも、『short_open_tag』の記述を探し、「off」になっていれば「on」に変更しましょう。

これでショートタグが有効になります。

phpショートタグについて詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

画面が真っ白になる原因がわからない場合は?

WordPressサイトの引越しに伴って画面が真っ白になってしまう場合の原因と対処方法について解説しましたが、症状は改善したでしょうか?
もし、上記を試しても改善しない場合は、WordPressの画面が真っ白!原因別の対処法まとめ【初心者向け】から、心当たりとなる原因を探してみてください。

もし、「解説を読んでもよくわからない!」「もうお手上げだ」「一刻も早くサイトを復旧したい」という場合には、本ブログを運営するWordPressサイト制作・カスタマイズの専門家にご相談ください。サイトの復旧から、正常なお引越しの完遂まで、しっかりサポートさせていただきます。

WordPressサイトの緊急事態はプロにお任せ!

WordPressの急なトラブルハッキング被害でお困りなら、WordPressのプロフェッショナル集団にお任せ!

最短1時間であなたのサイトを復旧します。

初期費用は一切頂きません。
取り返しがつかなくなる前に、下記フォームより「wp.rescue」にご相談ください!