WordPressにログインできない!ログインできない時の原因と解決方法をご紹介

WordPressにログインできない!ログインできない時の原因と解決方法をご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ユーザー名・パスワードが間違っている

WordPressにログインをしようと試みるも、

  • ユーザー名が違う
  • パスワードが違う
  • ユーザー名・パスワードを忘れてしまった
  • どちらも正しいはずなのに、何故かログインできない

誰しも一度はあるのではないでしょうか。

4つの場合それぞれどう解決したら良いのかみていきましょう。

ログインの方法がわからない方はこちら

ユーザー名が違う場合

ユーザー名が違う場合、次の項目を試してみましょう。

  • メールアドレスでログインしてみる
  • 本当にユーザー名が間違っていないか確認する
  • wp-loginではなくwp-adminにする

以下、各項目について説明していきます。

メールアドレスでログインしてみる

ログイン画面は、ユーザー名だけでなくメールでもログインすることができます。

もしもユーザー名が違っていたり、忘れてしまった場合はメールアドレスでログインを試してみてください。

本当にユーザー名が間違っていないか確認する

ユーザー名が本当に間違っている可能性もあるかもしれません。
そうした場合に、ユーザー名を確認する方法があります。

ログイン画面にある「パスワードをお忘れですか?」から対象のメールアドレスを入力することで、パスワードリセットメールの内容にユーザー名が記載されているので、入力していたユーザー名とあっているか確認しましょう。

ログイン画面から、パスワードをお忘れですか?をクリック

登録した、ユーザー名またはメールアドレスを入力

wp-loginではなくwp-adminで確認する

ユーザー名・パスワードがあっているのにログインできない場合、すでにログインできてしまっている可能性があります。
ログインのURLをカスタマイズしていなければ、「http://サイトのURL/wp-login」のようなURLになっていると思います。

それでもログインすることができなければ「http://サイトのURL/wp-admin」というURLを入力することで管理画面に遷移することがあります。

また、セキュリティ対策を行なっていてログインのURLをカスタマイズしてしまっている場合は、レンタルサーバーの管理パネルやFTPで指定したURLを確認しましょう。

パスワードが違う・忘れてしまったら

パスワードが違いますというエラーが起きた場合、ユーザー名の時と同様に「wp-login」ではなく「wp-admin」URLを変更し、管理画面に遷移するか確認してみましょう。

パスワードを忘れてしまった場合はユーザー名を確認する方法と同じような手順で確認することができます。

MySQLからユーザーを追加する

phpMyadminまたはMySQLにログインし、wp_usersというテーブルを選択し「ID(ユーザー固有のID)」「user_login(ユーザー名)」「user_pass(パスワード)」「user_email(メールアドレス)」を入力することでログインすることができます。

MySQLのログインがわからない場合は、wp-config.phpから確認することができます。

データベース情報を確認する

メールアドレスを忘れてしまっていても、焦ることはありません。(対象のメールアドレスを削除してしまっている場合は別です)
お使いのメーラーの検索窓から、WordPressと検索することで関連したメールを見つけることができるので、全て忘れてしまった場合はお試しください。

大切なログイン情報ですので、パスワードマネージャやアカウント管理ツールなど利用して厳重に管理して起きましょう。

Cookieが影響している

Cookieを有効にしていない場合や対象のCookieをブロックしてしまっている可能性があります。
Cookieを削除することで、ユーザー名やパスワードの管理をリセットすることができログインされてしまっている状態を解除したりすることができますのでお試しください。
Cookieはユーザーの情報を保持していますので、個別で削除することができなければ全て削除することになります。
全て削除する場合には、他のサイトのログインの状態や一時的に保存しているものが消えてしまいますので確認してから行いましょう。

ChromeのCookie削除方法

ChromeのCookie削除方法は6つの手順で簡単に行えます。

GoogleのCookie削除手順1

GoogleのCookie削除手順2

GoogleのCookie削除手順3

GoogleのCookie削除手順4

GoogleのCookie削除手順5

Internet ExplorerのCookie削除方法

1、Internet Explorerで歯車マークのツールからセーフティーポイントを選択し、「閲覧履歴の削除」を選択します。

WindowsのCookie削除方法

2、「クッキーとWebサイトデータ」のチェックボックスにチェックを入れ削除を選択することで行えます。

参考:Cookieの削除と管理を行う

FirefoxのCookie削除方法

FirefoxのCookie削除方法を4つの手順で説明します。

firefoxのCookie削除手順1

firefoxのCookie削除手順2

firefoxのCookie削除手順3

参考:Cookieを削除してコンピュータに保存されたWebサイトの情報を削除する

SafariのCookie削除方法

SafariのCookie削除方法を3つの手順で説明します。

safariのCookie削除手順1

safariのCookie削除手順2

safariのCookie削除手順3

参考:MacのSafariでCookieとWebサイトのデータを管理する

サイトが表示されない

ユーザー名やパスワードは確認しCookieを削除したにも関わらず、ログインすることができない場合、ログインアドレスが間違っている可能性があります。

WordPressをダウンロードした時にドメインのフォルダ直下にインストールしている場合は、「https://サイトのURL/wp-login.php」です。

WordPressのフォルダにインストールしている場合は、「http://サイトのURL/フォルダ名/wp-login.php」という形になっていますので、インストールした場所がどこか確認する必要があります。

代表的なサーバーを使ってインストールした場合
Xserver WordPress 簡単インストール

LOLIPOP! WordPress 簡単インストール

また、キャッシュやプラグインが影響してしまっている場合もありますので、キャッシュの削除・一時的にプラグインを無効にするためにpluginフォルダの名前を変えることも有効な手段ですので、お試しください。

どうしてもログイン出来ない時は、ハッキングの可能性も

上記で説明したユーザー名・パスワード・Cookie・ログインアドレス、全て試したけど全くログインできない場合は、ハッキングを受けている可能性があります。

ハッキングを受けアカウントが削除されてしまい、ログインできないような状態となっているということです。
phpMyadmin・MySQLを利用した方法やFTPを使って管理者アカウントを復旧させることができますが、ハッキング経路を塞がない限りはハッキングされ続けてしまうので、再びアカウント削除されてしまいます。

復旧させることができたら、ログイン画面の変更やユーザー名・パスワード変更など適切な対処を行うことで対策することが必要です。

あなたのWordPressサイトがハッキングされた時の12の兆候

解決しない場合は

今回はWordPressにログインできない場合の原因と対処方法をご紹介しました。

無事にログインすることができましたでしょうか。
ログイン情報は、サイト運営で重要な情報個人情報ですので忘れてしまったり、使い回し・簡単なものに設定するのは非常に危険です。
設定したユーザー名・パスワードは忘れることがないようにパスワードマネージャなどで管理することで忘れも防ぐことができますし、管理することで解読されることないパスワードを設定することもできます。

またハッキングを防ぐためにも、セキュリティ対策をお忘れなく。

全て行なっても「ログインができない」「セキュリティ対策も行なっておきたい」という方は、WordPressの専門家にご相談ください。

ログインできない問題を解決する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

記事が気に入ったら
wp.supportを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

WordPressの保守・セキュリティ対策なら「wp.support」

WordPressのプロによる保守サービス

ワードプレスのバージョンアップセキュリティ対策
お悩みではないですか?
「何かが起きる前に!」
WordPressのプロフェッショナル集団が対応します。
初期費用は一切頂きません。月額4万円〜
SSL対応、定期バックアップもお任せ下さい。