WordPressをバックアップする簡単な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WordPressはインターネットで公開している以上サイトが改ざんされたり自己で破損してしまったりといったことは付き物である。その為にもバックアップは不可欠であるそのバックアップを簡単にやっていく方法を今回は紹介していく。

プラグインの導入

WordPressのバックアップは直接ftp等でバックアップする方法等もあるが便利なプラグインが既にある為そちらを導入していく。

使用するプラグイン

バックアップができるプラグインはいくつかあるのですが今回は日本語対応しており機能豊富なUpdraftPlusを使用します。

こちらをインストール、有効化します。

プラグインの概要

UpdraftPlusを利用する際は設定->UpdraftPlus Backupsを開きます。設定やバックアップ等ができる画面が出てくると思いますのでおおまかな機能を説明します。

現在の状態 ここでは主にバックアップ、復元、複製(有料版のみ)の実行最後に行ったバックアップの情報が記載されています
バックアップ済み バックアップした一覧から復元、削除、ログの閲覧またバックアップした情報を個別にダウンロードできます
Migrate / Clone 有料版のみの機能でバックアップからWordPressを複製したりできます
設定 バックアップのスケジュールやバックアップの保存先、バックアップ時の除外ファイル等の設定ができます
上級ツール サーバーの情報の閲覧やデータベースに関するツール等が利用できます
プレミアム / 拡張 有料版との機能差の確認、有料版の購入などができます

バックアップ方法

設定->UpdraftPlus Backupsを開くか管理バーのUpdraftPlus->現在の状態 / 今すぐバックアップを開きます。

今すぐバックアップをクリックすると別窓が出てきますのでそこでバックアップする項目が選択できます初期状態ですと全てバックアップされます。

その下にOnly allow this backup to be deleted manually (i.e. keep it even if retention limits are hit).とありますがこれは自動バックアップを設定していた際に通常であれば古いものから順にバックアップが削除されるようになっているのですがチェックを入れておくと削除されません。

右下の今すぐバックアップをクリックするとバックアップが開始されます。

バックアップを開始: OKと表示がでればバックアップ完了です。

復元方法

管理バーのUpdraftPlus->バックアップ済みを開きます。そうするとバックアップ一覧が出てきますので、復元したいバックアップの復元をクリックしますそうすると何を復元するか選択する画面が出てきますので復元したい項目を選択して復元をクリックします。

そうすると本当に復元してよいかという確認画面がでるので問題なければ復元をクリックします。

自動バックアップの設定方法

管理バーのUpdraftPlus->設定を開きます。

“ファイルのバックアップスケジュール”でWordPressのファイルのバックアップ間隔を設定できます。

“この多くのスケジュールされたバックアップを保持”で自動バックアップが完了した際に保管するバックアップの数を設定できます。

その下はデータベースの設定項目でファイルのバックアップ設定と同様です。

まとめ

このようにプラグインを使用すれば簡単にバックアップと復元ができます。

wp.makeの保守サービス

ワードプレスのバージョンアップセキュリティ対策
お悩みではないですか?
「何かが起きる前に!」
WordPressのプロフェッショナル集団が対応します。
初期費用は一切頂きません。月額4万円〜
SSL対応、定期バックアップもお任せ下さい。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください