WordPressのおすすめプラグインを紹介

おすすめのWPプラグイン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

wordpressを使ってサイトを制作する一番の理由として、

  • 楽をしたい

という事を挙げられる人が多いのではないでしょうか?
なぜならwordpressには、pluginと呼ばれるかゆい所に手が届くプラグインが数多く存在しているからです。

しかしwordpressはオープンソースであるため、プラグインの数も膨大であり、いったいどのpluginを使えばいいのかわからない人も多いでしょう。

そこで、目的毎に使いやすいおすすめのpluginを紹介するので自分の用途に合わせて参考にしてください。

  1. SEO対策したい人のためのプラグイン
  2. フォームを作りたい人のためのプラグイン
  3. wordpressをカスタマイズしたい人のためのプラグイン

SEO対策したい人のためのプラグイン

seo対策をすると言っても、googleは200個以上の要因から検索順位を決めており、さすがに全ての要因を1つのpluginでカバー仕切るのは不可能です。
なので、200個以上の要因のうち2017年8月現在のアルゴリズム的に、重要な要因をカバーしてくれるプラグインだけを紹介していきます。

All In One SEO Pack

最近ではSEO対策できるテーマも増えましたが、プラグインでSEO対策をしたいと考えるなら必ず導入してください。
各ページ毎にメタタグを設置できるのはもちろん、「analytics」「search console」の設定やnoindexの設定も簡単にできてしまうので、htmlやphpに触れたことのない人でも非常に使いやすいです。

公式URL:https://ja.wordpress.org/plugins/all-in-one-seo-pack/

Google XML Sitemaps

通常seo対策の一環としてページを作成したり更新したりする際に、sitemap.xmlというファイルを作成して「search console」から送信してクローラーを呼びこまなければならないのですが、wordpress上で更新や作成をするだけでsitemap.xmlを生成して自動的にクローラーを呼び込んでくれる優れものです。
インデックスしたくないページやindexの優先順位、最新更新日の自動更新、更新頻度の設定などsitemapに必要な要素は全てwordpressの管理画面から行えてしまうので、mustで入れてくださいね。

公式URL:https://ja.wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/

フォームを作りたい人のためのプラグイン

企業サイトはもちろん、ブログサイトでも何かの不具合があった場合などに、連絡用としてお問い合わせフォームの一つくらいは用意しておきたいもの。
一から作ろうとすると、プログラミングの知識が必要ですが、プラグインを使えば初心者でも簡単に問い合わせフォームを設置することができます。

Coontact Form 7

『Contact Form 7』はページ遷移のない問い合わせフォームを設置することのできるプラグイン。
入力画面でエラーチェック・送信処理を行うため、簡単なお問い合わせフォームはこれで十分。
設定も非常に簡単なので、初心者にもおすすめのプラグインです。

公式URL:https://ja.wordpress.org/plugins/contact-form-7/

MW WP Form

『MW WP Form』は送信されたお問い合わせをデータベースへ保存するタイプのプラグインです。
問い合わせに対応済みかどうかがわかったり、csvファイルダウンロードが出来るので、サービスの資料請求フォームなどにもおすすめ。
確認画面もデフォルトで設定できますし、問い合わせ後の自動返信メールも設定できるので、コーポレートサイトでも安心して利用できます。

公式URL:https://ja.wordpress.org/plugins/mw-wp-form/

セキュリティ対策におすすめのプラグイン

WordPressでサイトを構築する際に欠かせないのがセキュリティ対策。
WordPressはオープンソースという性質上、どうしてもセキュリティが甘いと言われますが、プラグインを使ってしっかり対策すれば被害を受ける可能性をかなり抑えることが可能です。

Wordfence Security – Firewall & Malware Scan

セキュリティ対策プラグインで一番人気なのが『Wordfence Security – Firewall & Malware Scan』です。
脆弱性のスキャン、改善方法の提示、現在のアクセス状況、IP制限など、様々な対策をこのプラグイン一つで行えます。
多機能な分、設定は少し手間ですが、あれこれとプラグインを探したり競合しないか心配したりする必要もないのでオススメです。

公式URL:https://ja.wordpress.org/plugins/wordfence/

SiteGuard WP Plugin

『SiteGuard WP Plugin』は管理画面へのアクセスを制限するプラグイン。
管理画面への不正アクセスは基本的かつ被害が甚大になる可能性のあるハッキング手法なので、しっかり対策しておく必要があります。

管理画面のURLを変更したり、画像認証をつけるなど、様々な方法で不正アクセスを防ぐことができます。
また、日本語のサポートがあることも初心者にとっては嬉しいポイントですね。

公式URL:https://ja.wordpress.org/plugins/siteguard/

自分のサイトにぴったりなプラグインを見つけよう!

WordPressでは様々なプラグインが開発されています。
ぜひ自分にあったプラグインを見つけて、便利で使いやすいサイトにしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

記事が気に入ったら
wp.supportを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

WordPressの保守・セキュリティ対策なら「wp.support」

その開発、弊社に外注しませんか?

WordPress専門の制作会社
「wp.make」

お見積もりのご依頼やご相談など、まずは下記フォームよりお問い合わせください。

WordPressでのサイト開発を専門に行う弊社が、どのような内容にもお答えさせて頂きます。